美容外科の治療で誰もが振り向く美人になろう

顔が小さくなる治療

相談

福岡の美容外科の治療で特に相談が多いのは小顔になりたいというものです。しかし、大顔に見える理由が違うため、福岡の美容外科で最適な治療を受けるためにも原因を予め把握しておく必要があります。顔が大きく見える原因の一つに、脂肪が顔に多くついている場合が挙げられます。頬のしもぶくれや二重アゴの影響で顔が大きく見えてしまうため、大手美容外科が提供する脂肪取り施術でフェイスラインをほっそりさせることができます。もう一つの原因である筋肉のハリも同様に、脂肪取り施術にて解消できますから自身で改善しようと頑張る必要はありません。ただ、皮膚がたるんで大きく見える場合は皮膚を切開し、余分は皮膚を取り除く施術が必要になるケースもあります。注射一本でできる脂肪取り施術は、筋肉の縮小機能を弱めるタンパク質の一種を症状に合わせて注入していきます。経験豊富な医師が最適な量を調整しながら行なうので、左右非対称に仕上がる等のトラブルは一切ありません。治療後、筋肉の働きを制限できるため、エラや脂肪で大きく見える顔も全体的にすっきりさせられるでしょう。大がかりな施術ではなく、プチ整形感覚で受けられるので学生からも非常に人気がありますし、男性も気軽に打つことができます。術中の痛みもほぼなく、終始リラックスした状態で美容整形ができるところも美容整形初心者に有難い環境だといえます。気になる人は、福岡の人気美容外科へ足を運び、治療の相談をしていきましょう。

小顔になる脂肪取り治療は、治療した翌日に効果を実感できます。従来の瘦身法に比べてダウンタイムがほぼなく、翌日の朝出社しても問題はありません。小顔に限らず、リンパの流れを良くしたり、不要な脂肪を積極的に溶解してくれたりと、注射一本で嬉しい効果を出してくれます。特に頬についた余分な脂肪を取り除きたい方や、ほうれい線とマリオネットラインを速攻で消したい人におすすめです。小顔効果がある注射に使用されているものは天然由来なので、副作用の心配はないでしょう。確実に小さくしたいなら、骨切りという方法で骨格をいじり、劇的に小さくすることができます。いずれにしても福岡の医師とカウンセリングが必要なので、小顔を目指し一歩踏み出しましょう。ただ、切らない方法で小顔になる場合、骨格をいじるわけではないため月日が経過すると効果が半減します。そのため、顔の大きさが戻ってきたと感じたら再度打つ必要があります。タイミングに関しては医師が判断をし、治療の必要性を決めますから最適な時期に再治療ができます。それが面倒だと感じるなら、シャープな顎を作るプロテーゼを入れて、顔全体を小さく見せることができます。こちらの治療はダウンタイムが長引くので、仕事の調整が必要です。

Back to Top